※取り付け作業上のあらゆる事故、故障、傷害等について、弊社はいかなる責任も負いませんので、予めご理解ご了承下さい。
※取り付作け業には適切な工具を使用し、安全な場所で行って下さい。
※作業に不安をお持ちの場合は、カーショップ等に取り付け作業を依頼して下さい(作業工賃はご負担下さい)。
※本製品を改造しての使用はお止め下さい。
※本製品は内部突起として認識される可能性がありますが、乗員保護のための保安基準を満足していない恐れがありますので、取り付けの判断はご自身の責任において行って下さい。
※テーブルの取り付けによって車両側の内装部品等に取り付け跡が傷が残る場合があります。
※車両によってはコンソールボックスの収納能力が低下する等、一部純正装備の機能が制限される場合があります。
※車両によっては純正装備を取り外したり、穴あけ加工が必要な場合があります。
※車両によっては、グローブボックスのカバーが開いた状態でテーブルを取り付ける場合があります。但し、開いていることが分かりにくいように、なじんだデザインになっています。
※取り付け後は、定期的に各部に緩みがないか等、状態を確認して下さい。

作業の前に全てのパーツが揃っているか、破損がないかを確認します。異品や製品不良等はこの時点で把握し、取り付け作業は中断して下さい。

ケーブルのプラス(+)とマイナス(-)を確認します。本体側面とケーブルのプラス側に表示してあります。

バッテリープラス端子を固定しているボルトにプラスのケーブル端子を取り付けます。適宜付属のM6ワッシャーを使用して下さい。

バッテリーマイナス端子を固定しているボルトにマイナスのケーブル端子を取り付けます。適宜付属のM6ワッシャーを使用して下さい。

弊社アーシングキットを取り付けている場合は、付属のM6キャップボルト等を使用してターミナルプレートに取り付けることも可能です。

正しく通電すると、本体のLEDが点灯します。LEDは通電確認用ですので機能している間は点灯したままの状態となります。

LEDが点灯しない場合は、プラスとマイナスを逆に取り付けている可能性があります。直ぐに取り外して、正しく付け直して下さい。付け直す際は、プラスとマイナスを軽く接触させ、放電させてから行って下さい。

なお内臓のコンデンサは充放電の繰り返しや環境条件により機能が低下する消耗品です。使用途中でLEDが点灯しなくなった場合は、製品不良ではなく製品寿命であるとご理解下さい。

作本体裏面の両面テープで本体をバッテリー付近に貼り付けます。高温になる場所や水のかかるような場所は避けるようにして下さい。

適宜プラスとマイナスのケーブルを付属の結束バンドで固定して下さい。

プラスとマイナスのケーブルがしっかりと固定されているか、LEDが点灯しているか、本体が適切な場所に固定されているか、改めて取り付け状態を確認します。